1. TOP
  2. WEBマーケティングの基礎「3C分析」ってなんなの?

WEBマーケティングの基礎「3C分析」ってなんなの?

マーケティング
この記事は約 4 分で読めます。
WEBマーケティングの基礎「3C分析」ってなんなの?

ビジネスでよく聞く、3C分析をあなたは明確に答えることができますか?ビジネスをするうえで、企画立案や事業環境分析の定番とされている手法のことですが、実際3C分析ってなに?ということをご説明していこうと思います。

3C分析とは

3C分析とは、【Customer(市場・顧客)】【Competitor(競合)】【Company(自社)】の頭文字をとった、ビジネス戦略策定でよく使われるフレームワークのことです。

特にインターネットを使ったビジネスはモニターの向こう側にいるお客さんに向けて展開していくわけですが、相手が見えない状況で行っていくため、イマイチお客さんの実感が湧きづらいと思います。

しかし、実際はインターネットというツールを介して、お客さんとのコミュニケーションが非常に必要となってきますし、検索エンジンから集客をして、ランディングページを見てもらって成約してもらい、その後もメルマガなどでリピートしてもらうための仕組みを作る必要があるわけです。

そのビジネスモデルや運用を考えるときに役に立つのがフレームワークと呼ばれるものです。

考えをまとめるのに便利な方法が3C分析

ビジネスモデルや運用を考えるときに、図や表を使って頭の中を整理していくわけですが、これらを具体的にまとめるためにフレームワークを使います。

ピンとこない人もいると思いますが、使ってみると意外と簡単でスムーズに考えがまとまると思いますので実際に使っていきたいと思います。

3C分析はビジネスのフレームワークとして定番です。
3C分析

3C分析を使った考えのまとめ方

ライバルをリサーチする

まず、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使うとか店舗視察するなどして、ライバルのホームページや商材をリサーチしましょう。

リサーチ結果を簡単でよいのでまとめておきます。

自社のウリをまとめる

社内会議や顧客アンケートを使うなどして、ライバルと比べて自社の商品・サービスはどこが強みなのかをまとめましょう。

お客さんのニーズをリサーチする

お客さんの困っていること、望んでいることをYahoo!知恵袋や教えてGooなどを使って、お客さんのニーズを徹底的に調べましょう。

その際、売り側の目線ではなく、お客さん目線で調べると今まで気づかなかった発見があるかもしれません。

リサーチした情報を整理する

3C分析をする際、下記のように3つの視点から考えて情報を整理していきます。

■市場・顧客
・客層
・顧客のニーズ

■競合
・ライバルの強みと弱み
・ライバルの特長

■自社
・自社の強みと弱み
・お客さんからの評価

こういったことを分析してビジネスのコンセプトを固めていき、お客さんとの関係性を深められる環境を作っていきます。

WEBマーケティングとは

特に市場分析で明確にしていかなければいけないことは「変化」です。

分析するときは必ず「変化」に着目しましょう。

例えば、マクロ分析なら景気の変化、法律の変化、ミクロ分析なら業界の変化などを分析して、マクロやミクロの環境変化がお客さんにどのような変化をもたらすのか、お客さんの価値観やニーズがどのように変化するか調べる必要があります。

最初は慣れない作業で時間もかかると思いますが、3C分析などを使いながらお客さんとの関係性を構築していくための手法と考えるとシンプルだと思います。

3C分析のほかにも、ビジネスで使われている手法を活用すると、より効率良く、そしてより効果的にビジネスを進めていくことができると思いますので、ぜひあなたのビジネスに活かしていただきたいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

オウンドメディアやリスティング広告でのweb集客はスマホウェブの注目記事を受け取ろう

WEBマーケティングの基礎「3C分析」ってなんなの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オウンドメディアやリスティング広告でのweb集客はスマホウェブの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • WEBマーケティングで重要なキーワード選定の仕方

    WEBマーケティングで重要なキーワード選定の仕方